貧血予防

しじみの調理法

しじみは肝臓の働きを助ける食品で、お酒を飲んだ後はもちろん、普段からも定期的に摂取を心がけたいものです。
しかし、しじみはお味噌汁などの他にあまり調理法が思いつかない、と思われる点が挙げられます。
また、しじみは栄養成分が豊富ではありますが、ひとつひつとが小さいために、効率的にしじみをどう摂取するか、といった点も挙げられます。

しじみの調理法は、紹興酒や醤油の味をベースにした蒸し料理や、フライパンで炒める料理は、手軽でおいしく、おかずの一品になります。
ラー油や鷹の爪といったピリ辛味が合うようです。

調理に若干手間はかかりますが、しじみの炊きこみご飯も馴染みやすい一品になるかも知れません。
しじみの砂抜きを入念にし、よく洗い、お鍋に湯を張り、しじみが開いてから、身を取ります。
お鍋で煮立てる段階でだしなどの味付けをしたり、煮たてた煮汁を使用するなどの工夫により、美味しい炊きこみご飯が作れます。

しじみは肝臓をはじめとし、体に良い成分が豊富に含まれている食材です。
それを踏まえた上で摂取することを心がけるとともに、食べる楽しさの枠を広げて、しじみを献立に加えていけると良いのではないでしょうか。